(最大HP)


プロフィール

シキシマリク

Author:シキシマリク
職業 同人作家 (見習い)
イラスト等見て頂ければ幸いです。
楽しくいきましょう。


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


応援

ルーンファクトリー4 公式サイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


マンガ展訪問記

今大分県の県立美術館で開催中の「描く!マンガ展」へ行ってきました。



外観についいては写真を撮ってこなかったので、WEBで見てください→県立美術館
新しく立てられた美術館です。

漫画を描くヒントが得られればと思い行ってきました。
少数ですが、撮影可能なもののみ写真も撮ってきました。

開催期間は2015年の8月1日~9月23日まで。
出品作家は

手塚治虫
赤塚不二夫
石ノ森章太郎
藤子不二雄Ⓐ
水野英子
あずまきよひこ
さいとう・たかを
島本和彦
竹宮恵子
平野耕太
PEACH-PIT
陸奥A子
諸星大二郎

という豪華、先生方です。

複製を含みますが、生の原稿がじつに300点が展示されていました。
正直大分という片田舎の美術館で、こんな充実した展示会があることに驚きました&主催してくださった方に感謝です。

展示会は漫画の歴史に始まり、赤本漫画時代→貸本漫画時代→雑誌漫画時代と時代別に解説があり、また各時代で活躍された先生の原稿が展示されている形です。

手塚治虫先生の小学生時代に描いた漫画ノートの本物が展示されていたりします。正直こんなものを見れるとは思わなかったのでびっくりしました。

漫画を趣味ででも描いている人が見ればおそらくどれだけすごい作品か、そのオーラを感じることができるような気がします。

2015091817070001_convert_20150922195833.jpg
さいとうたかを先生のゴルゴ13です。

もちろん原稿も展示されていましたが、綺麗さにビビります。もう全体的に迫力が違います。
このほかに「無用ノ介」の原稿もありました。ただし複製ですが。

しかし先生がどのように原稿を製作されたのか参考になることがいっぱい詰まっていました。

2015091817070000_convert_20150922195151.jpg
今まで発行された単行本のなかに原稿が展示されてます。

2015091817080000_convert_20150922195911.jpg
M!16のレプリカ

2015091817090000_convert_20150922200015.jpg

2015091817080002_convert_20150922195941.jpg
上2枚は漫画の技法の解説です。均一な線からメリハリのついた線へ劇画の技法を開発したのがさいとうたかを先生だとか~ってやつです、興味のある方は実際に美術館へ!

そして、私が一番見たかった「あずまきよひこ」先生の「よつばと!」の原稿です。

2015092113060000_convert_20150922200039.jpg

正直単行本でみるのとはやぱり違います。おそらくこれは生原稿でした。
アシスタントさんの手が入っているかもしれませんが、一番わくわくした展示物です。
やっぱ線がきれいですね~

2015092113060001_convert_20150922203843.jpg
原稿の裏面です。よく右利きの人は右向のキャラクターの絵を描くときに、デッサンが狂わないように原稿の裏面に写真のようにあらかじめ左向きのキャラクターを描いてるそうですが、こう見るとほんとにやってるんだな~と実感します。

このほかにも、コミックマーケットについてや私も先月参加したコミティアについてなど近代の漫画の発表についても解説がありました。

「島本和彦」先生の「吠えよペン!」の原画や先生のネームの作り方等は実際に漫画を作る上で参考になりました。
漫画家10訓も展示されてましたし。単純に面白いです。

まだまだいっぱい見応えある展示物がありましたが写真もないのでここまで。

明日まで展示会はやってるみたいなんで、大分県で興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?
観覧料は800円ですが、アニメイトやジュンク堂で配られている割引券を持っていくと600円で見れます。

それでは~

ps 「ローゼンメイデン」で有名な「PEACH-PIT」が二人組で、「しゅごキャラ!」の原作描いてのを知って驚きましたわ~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://sikisimaya.blog.fc2.com/tb.php/136-fde5fae6

 | ホーム |